2013年 12月 15日

料理の四面体 玉村豊男著

私の料理バイブル。
といったら大袈裟ですが、それくらいの一冊。
c0088555_16384096.jpg

料理の四面体 玉村豊男著

レシピや美しい料理写真といった「答」はなくて、
さらに、「答」に至るための「考え方」「公式」が示されているわけでもない。

帯の言葉を借りれば、
「世界の料理を食べ歩きながら
そのつくりかたを研究して
だれも知らなかった美味を発見する方法について考えること」

そう。「考えてる」本です。
でも、
この本を読んでから、頭の中での料理の組み立ての方法が、
ガラリと変わりました。

何年も前に手に入れてから、
ことあるごとに、いまだに読み返しています。

結局こういう料理本が私にとっては一番おもしろいのです。

AKI TSUGITANI
[PR]

by foodlabo | 2013-12-15 16:45 | book


<< happy      いただきものには福がある / ... >>