Food Labo B-side

foodlabo.exblog.jp
ブログトップ
2014年 03月 23日

最近の読書傾向

c0088555_17123729.jpg

「Q健康って / としもとばなな」読了。
健康法について、
ああしろこうしろ。ああするのがいいらしい。
これこれこうを1日何回。。
っていう本ではなくて、4人のひととの対談集と手記。

TAOZEN代表 大内雅弘
クラシカルホメオパス 勢旗孝代
セラピスト 安田隆
ロルファー 田畑浩良
るなさんの癌闘病記

うまく説明できないんですけど、「健康とは」のライン引きが変わってくる感じ。
これは「野口整体」を知ったときと同じ感覚で、
病むことさえも命の振り幅のひとつととらえるというか。
病むことさえも、健康な身体のひとつの反応ととらえるというか。
最近の私の興味にぴったりと沿う1冊でした。


「きょうの猫村さん7」未読。
これはもう、大好きな漫画。
1日1コマ。のんびりと進む連載漫画です。
猫村さんの、純粋さと一生懸命さに心癒される猫まんが♥


「世界出張料理人 / 狐野扶実子」読了。
このひとは、何年もまえにTVで観てから大好きになった料理の人。
自分の創りだす料理ひとつで世界を股にかけて活躍する女性です。
あの静かなたたずまいの、いったいどこに、そんなパワーがあるんだろう。
以前、フォションのシェフになられた時、
公開料理講座みたいなのがあって参加したのですが、
デモンストレーションの後の試食で、ぶっ飛んだのをいまでも覚えています。
オリーブ油とライムと塩。
たったこれだけ。
複雑なソースも、ややこしい手順もないのに、
普通のエビが、とんでもない美味しさをまとったエビになっていたのです。
「魔法みたい」と思いました。
講座後にも、
「あのエビは、ほんとにオリーブ油とライム、塩だけなんですか。
なんか、、うそみたいに美味しかったです。びっくりしました!」
と何度も聞いてしまったほど。
そんな静かな魔法使いのエピソードがたくさん語られている1冊です。
すごい活躍の影には、すごい努力とストレスと、そして、すごい失敗もあるんですね。
またまた大好きになってしまいました。


「筋肉のしくみ、はたらき事典」使用中。
ここさいきん、筋肉を緩めるボディーワークの講座を受けに行っていて、
そのために買った一冊。
なんとなくこの辺かな。。っていうよりは、きっちりわかってたほうがいいなと思って。
自分で自分を触って動かしながら、大胸筋、僧帽筋、側頭筋、広背筋、菱形筋、etc
「ああ、これね」「あ、この向きやな」とか日々確認中。
もちろんだんなさんも実験台にしております。
順番に講座を受けて、ディプロマもゲット。
あかん。楽しい。。


AKI TSUGITANI
[PR]

by foodlabo | 2014-03-23 17:51 | book


<< 詩と音      2014 spring hol... >>